広島県産のかきとは 広島牡蠣は生産量日本一

広島県のかき生産量は全国1位です。2008年の全国の総生産量は3万52トン(むき身)ですが、そのうち1万7497トン、つまり58.2%を広島県が占めています。第2位の宮城県の3倍以上です。

広島かきのマーク
広島県産かきのむき身 広島牡蠣の特徴

かきは2枚貝で、アサリやハマグリと同じ構造です。しかし、他の2つと違い、環境により細長くなったり、丸くなったりと殻の形が変わるという特徴があります。その為、同じかきといえども

殻の大きさは小さく、殻の色は黒紫色、殻のくぼみは深い。肉重量指数は最も高いのが広島県産牡蠣の特徴です。

産地により殻の大きさや身の大きさに違いが出るのです。

一般的には、殻は小さいけれど、身は殻の割には大きくぷりっとしていて濃厚な味わいとされています。

出荷は10月~5月までですが、旬の時期は年明けの1~2月です。その時期はかきの体内に、美味しさの元となるグリコーゲンが大量に蓄えられているからです。近年では夏に水揚げする夏がきなども登場し、1年中美味しいかきを食べる事が出来るようになりました。また新ブランドも続々登場しています。

広島県産殻付きかき
牡蠣を美味しくする広島湾の環境
穏やかな地形・風波・潮流

広島湾には島や岬に囲まれ、波が静かで潮の流れも適度にあり、かきの生育にいい条件が揃っています。また養殖筏が安全に設置できるのも養殖場の第一条件です。

 

かきの養殖に適した広島湾
かきの生理機能に適した水温変化

かきの生理は水温に影響されます。例えば夏の水温上昇が産卵に刺激を与え、秋の水温低下がグリコーゲンの蓄積(かきの身入り)をすすめます。水温変化もかき養殖にとって大切な条件の一つなのです。

かきの養殖に適した程よい塩分濃度

流れ込む河川水の影響で、広島湾では梅雨時期から夏にかけて、海水中に塩分濃度の差による層ができます。これは「甘い水(=少し薄い海水)」を好むかきに有利な条件となります。

かきの養殖に適した程よい塩分濃度
かきの養殖に適した豊富なプランクトン

かきの大好物は植物のプランクトン。その為、プランクトンの増殖が、かき養殖の1つの鍵になります。広島湾はこの点でも大変恵まれた環境にあります。

 

牡蠣の養殖に最適な豊富なプランクトン
安心・安全な広島牡蠣

広島かきの人気の秘密はその美味しさはもちろん、確かな安全性にもあります。広島県産のかきは県が独自に条例を定めるなど、食品衛生上の安全対策には特に力をいれています。

安全な広島牡蠣 広島牡蠣の主な安全対策

広島の牡蠣が出来るまで

ショッピングサイトオープン

広島県産の新鮮な牡蠣や魚介類がインターネットよりご購入頂けます!詳しくはこちらのサイトをチェック!!!

広島県産の牡蠣、生牡蠣、音戸ちりめんなど広島県の海産物は広島県漁業協同組合連合会オンラインショップへ

広島県漁連ページトップへもどる

広島県産牡蠣美味しさの秘密 広島県漁連オンラインショップオープン 広島県産のかきをつかったグルメレシピ
漁師になるためには かきの美味しい召し上がり方 広島県のお魚
広島の味 シーナ&カーキーズかきの歌、かきシチューの歌 広島かき本

広島県漁業協同組合連合会では広島県産のかき、音戸ちりめんなど様々な海の幸を提供しております。

広島県漁連ではみなさまに新鮮な海の幸をご提供させていただいてます。ご家庭用は勿論、贈り物としても多くの方々からお喜びのお声を頂いております。是非一度、広島の海の幸をお楽しみください。

【所在地】広島県広島市西区商工センター8丁目4番5号 【TEL】082-278-5588